外張り断熱
家全体の断熱および気密処理

今日(2018年10月27日現在)は屋根に引き続き家全体に断熱および気密処理がされていきます。エアサイクルハウジングでは、外張り断熱工法で施工されます。

外張り断熱とは

「外張り断熱」は写真のように、断熱材を柱の外側に貼り、家全体を断熱材ですっぽり包み込む断熱工法です。

断熱材が途切れないので家の断熱効果が非常に高いとされています。その為、外気温の影響を受けにくいので室内の冷暖房効率も高く省エネ効果が期待できます。

「内断熱」では柱と柱の間に断熱材を敷詰めますが、「外張り断熱」では、室内側の柱同士の間は空気の循環する空間として利用します。(パッシブエアサイクル工法)

ネオマフォーム
断熱材「ネオマフーム」で家全体が包まれていきます。
ネオマフォーム
内側から見た断熱材の継ぎ目には、発泡ポリウレタンフォーム(ヒルティ)にて充填断熱補強が施されます。
断熱施工

HILTI(ヒルティ)

建築現場のプロフェッショナルに提供される「ヒルティ」は、多くの建築基板と接着して高い耐久性、気密性、耐水性を形成する「充填・シーリング・断熱」材、自己拡張式ポリウレタンフォームシーラントです。

簡単にいうと、発泡ウレタンを建築現場の適所で手軽に使用するためのものです。

気密テープ処理
断熱材と断熱材の継ぎ目には、隙間の断熱欠損をなくすために、外側は「気密テープ処理」内側は「重ね貼り処理」を施しています。

すごい手間かかってますね!

気密テープ処理
断熱

基礎部分への断熱施工

基礎コンクリートの内側90cmまでに断熱材を施しています。
断熱材

基礎の排水管周りもヒルティでシーリングされています。
ヒルティでシーリング

まとめ

外張り断熱は、家全体をすっぽり包み込む断熱工法です。
そのため、断熱材と断熱材の継ぎ目の断熱欠損をなくす気密処理が必須のようです。

エアサイクルハウジングでは、外側には「気密テープ処理」内側には「断熱材の重ね貼り処理」と「発泡ポリウレタンフォームによる充填断熱補強」を施しています。

実際に現場をレポートして実感しますが、その施工には「外張り断熱」を熟知した技術と手間がかかります。
経験豊富な施工会社を選ぶことで、本当の意味で省エネ効果が期待できるエコ住宅になると思います。

Webページを検索すると、多くの欠陥住宅に関するブログや記事を目にします。
理想の住まいを建てることは、信頼できる施工会社を選ぶこととイコールだと実感しています。

このHPを見ていただいている、これから施主となる方々も信頼できる施工会社選びに注力してください。

 

パッシブエアサイクル工法で家を建てる!

この記事をシェアしますか?Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin